妊娠中、虫歯になりやすい!?

妊娠中のトラブル
妊婦R子
妊婦R子

この間、歯科検診に引っかかっちゃいました。今まで歯のトラブルはなかったから、ショックで。

助産師ミラ
助産師ミラ

そうなのね。私も妊娠して、初めて虫歯になったわ。

妊婦R子
妊婦R子

そうなんですね!妊娠中って、虫歯とかになりやすいんですか?

助産師ミラ
助産師ミラ

そうね。妊娠中は、虫歯や歯周病になりやすいといわれているよ。では、それはなぜなのか、お話していきましょう。

妊娠中、虫歯や歯周病になりやすい理由

女性ホルモンが菌の増殖を助長

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えます。
そして、女性ホルモンは歯周病菌の増殖を促す作用があるため、妊婦さんは歯周病になるのです。

唾液の分泌量が減り、性質が変化する

妊娠中に、だ液の分泌が少なくなる場合があります。
だ液の量が減ると、だ液が持つ浄化作用がうまく作用しなくなり口腔内が不衛生となり、その結果虫歯になりやすくなります。

また、妊娠すると女性ホルモンのバランスが変化し、唾液の粘性が増します。唾液には歯垢を洗い流し、細菌や有害物質の活動を抑える働きがあるほか、エナメル質を修復する再石灰化も促します。唾液の粘り気が増すと、口全体に行き渡らないため、そうした機能の低下にもつながってしまいます。

つわりでブラッシングが困難

つわりの影響により強い吐き気を感じ、ブラッシングを困難に感じる人は多いものです。
また、一度の食事でたくさん食べられないため、食事回数が増えがちです。その結果、口腔内が長時間酸性に傾き、虫歯になりやすくなるのです。

食べ物の好みが変わる

つわりの時期に、食べ物の好みが変わる方が多いようです。よく見られるのは「酸っぱいものが食べたくなる」というケースですが、フルーツなどの酸っぱい食べ物は酸性のものが多く、頻繁にそうしたものを摂取しているとエナメル質が溶けるリスクが高まり、口の中が酸性状態になると虫歯にもなりやすくなります。

免疫力の低下

妊娠中は体の免疫力が下がります。
そのため、口腔内の細菌も増えやすく、虫歯や歯周病になりやすい状況になります。

妊娠中、間食が増える

赤ちゃんがお腹の中で育ってくる妊娠中期~後期は、子宮が胃を圧迫するようになります。そのため、一度の食事量が減少し、少ない量を何回かに分けて食べるシーンが増えます。間食すると口内が酸性に傾き、エナメル質が溶けやすくなり虫歯になりやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました