疲れた日は家事をしないと決めている

仕事
仕事しているママB子
仕事しているママB子

仕事を続けたくて、仕事復帰したけれど、毎日保育園の送り迎えもあるし、毎日いっぱいいっぱいです。

帰宅した後も、ご飯作ったり洗濯物したりで、掃除も全然できていません。

不器用なので、うまくやりこなせないのがもどかしいです。

助産師ミラ
助産師ミラ

家に帰ったら、子どものことや家のこと等、やらないといけないことが山積みよね。

私も仕事の日は、毎日家事をこなしているわけではないよ。疲れた日は、家事しないと決めているよ。

ご飯もスーパーで買ってきたものやテイクアウトの日もあるし、洗濯物も乾燥機で乾かしてまとめて部屋に置きっぱなしの日もよくあるよ。

仕事しているママB子
仕事しているママB子

へ~、そうなんですね。

全部こなそうと必死になっていました。そこまで頑張ろうとしなくていいんですね。

助産師ミラ
助産師ミラ

そうそう、無理をせず、楽できることは楽してね。

子どもにとってもママが笑顔でいることがいちばんなのだから。

家事に完璧を求めない

ついつい料理や洗濯物、掃除などのルーティンをこなそうと思ってしまいがちですが、仕事の日は家にいる時間も限られており、全ての家事をこなすのはかなりハードです。

家事は最低限のことだけと決めて、自分の中のハードルを下げて、無理ない程度にしましょう。

家族に協力してもらう

旦那さんや子ども達にも協力してもらえるのであれば、協力してもらいましょう。

何でも自分だけで頑張ろうとするのではなく、周りに素直にヘルプを出すことも大切です。

料理や後片付けがしんどい時は、お惣菜やデリバリーでもOK

料理や後片付けだけでも、労力や時間が奪われますよね。

仕事で疲れた日は、買ってきたお惣菜やデリバリーのものでも大丈夫です。

便利な電化製品を活用しよう

最近電化製品もクオリティが上がってきており、家事の時間短縮には必須のものとなっています。

洗濯乾燥機や食器洗い機、お掃除ロボットなどを取り入れるだけでも、かなり家事の労力削減や時間短縮になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました