3歳児神話って、本当?

育児
育児中のママK子
育児中のママK子

実家の母に、子どもが3歳になるまでは家にいて、子どものそばにいてあげたら?と心配されるんですが、どうして3歳までとよく言われるのでしょうか?

助産師ミラ
助産師ミラ

それは、3歳児神話のことね。

育児中のママK子
育児中のママK子

3歳児神話?

助産師ミラ
助産師ミラ

そう。日本で昔からいわれている言い伝えみたいなものよ。詳しく説明していくね。

3歳児神話とは

子どもが3歳になるまでは母親は子育てに専念すべきであり、そうしないと成長に悪影響を及ぼすという考え方。

平成10年版「厚生労働白書」では、3歳児神話には”合理的根拠がない”とされています。こうした報告などを機に、今では3歳児神話は根拠のないものとされています。とはいえ、3歳頃までの時期は、人間の心の成長にとってとても大切な時期です。

赤ちゃんの頃には、養育者から「マザーリング(お母さんのような愛着とスキンシップで接すること)を受けることで、育ててくれる人への信頼を感じ、他者も自分自身も、自分がいる場所も信頼できるという『基本的信頼』を獲得します。

さらに、1~2歳頃になった子ども達は、興味を惹かれたものを見たい、触れたいと、自分の足でどんどん外の世界に飛び出していきます。同時に、それまで密着していた養育者からは離れていくため、『分離不安』も感じるようになります。

そうした不安を感じても、いつも温かく見守られ、不安な気持ちを「安心」に変えてもらうことができると、子どもは分離不安を乗り越え、集団生活の中に溶け込んでいくことができるのです。

幼少期の不安は、成長後の心に影響しやすい!?

この3歳頃までの欲求や不安に対して、十分な対応がなされずにいると、どうなるのでしょうか。

赤ちゃんは、自分が送ったサイン(泣く、ぐずる、笑うなど)に応えてもらえないと、上記でお話したような『基本的信頼感』を獲得できないため、他人も環境も信じられず、自分のことも信じることができなくなってしまいます。この基本的不信感が払しょくできないと、その後の人生における対人関係や社会生活にも影響していきます。

また、養育者への分離不安を強く味わうと、同じような不安感をその後の人生で信頼を寄せた人(友達、教師、恋人、上司など)に対して、表出することがあります。その結果、「私だけを見てほしい」、「離れないでほしい」と相手を束縛したくなる人もいます。

こうした対人関係における極端な不安感は、「見捨てられ不安」と呼ばれています。

コメント

  1. ヨミイレル より:

    私はブログで三才児神話肯定論を書いているので、11月にアメブロに投稿した文書を送っておきます
    「3歳児神話」ってホント!? 3歳までの理想的な育児ってどんなもの?
    この記事はアメブロのニュース記事を見て書きました。
    三才児神話は本当です三才児神話は3っの理論から成立していると考えます。
    1つ目の理由は歴史的に考えるのです。それは明治から昭和40年頃までの三才児神話肯定論で育った人間のレベルと昭和50年以降の三才児神話否定論で育った人間的レベルを比較すると現代の方がはるかに悪いです。もう一つは現在進行形の三才児神話肯定と否定論の差それは全国の附属と言われる小学校,中学校はレベルが高いのですそれは3才あるいは4才まで親元で見ていて幼稚園に入園させた子がそのまま小学、中学生として構成されているからです。つまりほぼ全員が三才神話肯定論で育っているからです。一般の小学校、中学校は問題児も多く学校の先生も頭が痛いと思います。ここまでが私の考えです。
    2っ目は心理学の世界と古の教えから考えるのです
    心理学では林道義先生が三才児神話肯定論の代表的な人で、心理学では愛情不足だと物にこだわるとなっているのです。今若い女の人のゴミ屋敷が増えているのもここが原因です。又心理学では虐待されて育った子は虐待するとなっているのですが、古の言葉では人は育てられたように育てる。ほぼ同じような意味だと思います。古の言葉に幼児期に密着すればする程離れるのは早いは、今は密着が少ないので不登校として離れられないのです。
    3っ目の理由は脳科学から考えた三才児神話肯定論
    なのです。この事は後日三才神話を脳科学澤口俊之先生に学ぶと言うタイトルで書く予定にしていますから楽しみにしておいて下さい。
    理論的にこの3っの柱を論破するのは難しいと思います。反対に三才児神話否定論は以前書いたように理論的根拠はないと思います
    ここで再度昭和40年頃と比較してどこが悪くなったのを書いて見ますと、サイレントベビー、幼児虐待、小1チルドレン、いじめ問題、学力低下、不登校、ニ-ト、給食費、保育費の未払い問題、多くの離婚,街の落書き、放火、荒れる成人式、育児ノイローゼ、ウッ病などの精神疾患なのでこの事は当時はほとんどいない時代でした、

タイトルとURLをコピーしました