絵本の読み聞かせって、なんで良いの?

育児
育児中のママK子
育児中のママK子

よく、絵本の読み聞かせが良いって聞くけど、どうして良いんですか?

助産師ミラ
助産師ミラ

そうね。絵本の読み聞かせが良いというのは前々からよくいわれているわね。

じゃあ、どうして良いのかお話していくね。

読み聞かせの効果とは

親子でコミュニケーションがとれる

読み聞かせは、親子のコミュニケーション不足を解消させます。絵本を読む声は子どもに安心感を与え、肌のぬくもりやにおいを感じることにより親子の親密感が高まり、信頼関係が強くなるのです。また、子どもは読み聞かせによっても親の愛情を感じ、子ども自身の自己肯定感も養われるでしょう。

家族の関係が希薄になっているといわれる現代では、親子が触れ合う時間はとても貴重です。わずかな時間でもかまわないので、積極的に読み聞かせの時間を作りましょう。

感情を豊かにする

読み聞かせは、子どもの感情を豊かにする効果が期待できます。子どもは絵本を通じて、登場人物の気持ちを想像し、疑似体験をします。喜怒哀楽を感じること、心の変化を知ることで、感情が豊かになるのです。

読み聞かせは、心を育てます。感情豊かな人は、相手の心の変化を感じる力を持っているので、周囲から愛されるでしょう。

想像力を育てる

子どもの想像力を育てることも、読み聞かせによる効果のひとつです。想像力が豊かな人は、思いやりを持って人と関わることができます。相手の痛みもわかるので、感受性豊かな優しい人になれるでしょう。

また、想像力が豊かなことは、将来的に役立ちます。例えば、仕事においても視野が広がり、新しい視点で物事を考えることができます。また、先を想像する力があることで、失敗を防ぐこともできるでしょう。

言葉の表現を知り、国語力がアップする

絵本の読み聞かせによって語彙力や読解力がつき、国語力がアップするという学力向上の効果もあります。まだ字が読めない子どもでも、読み聞かせを繰り返すことによって、絵本に書いてある言葉の表現を真似し始めます。始めは真似だった言葉も、次第に自分の言葉として使い始めるので、言語力が伸びることにつながるのです。

また、語彙力がある人は、自分の気持ちを言葉で表現する力に長けています。相手の言葉も理解できるので、信頼関係を築きやすくなるでしょう。

国語を上げることは、コミュニケーション能力を高めることにもつながるので、良いことずくめといえます。

集中力が身につく

読み聞かせをしていくうちに、子どもは集中力が身につきます。子どもが物事に集中できる時間は、それほど長くはありません。そのため、読み聞かせを始めたばかりの頃は、最後のページまで読めないことが多いのです。

しかし、絵本の読み聞かせの時間を習慣化させると、次第に集中力が身につき、最後まで夢中になって聞いてくれるようになります。子どもがその場に座っていられない、落ち着きがないと悩んでいる保護者の方には、ぜひ絵本の読み聞かせをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました