産後直後の母子の触れあい『カンガルーケア』の効果とは?

出産
妊婦R子
妊婦R子

友人がお産直後に赤ちゃんを抱っこしたって話してたんですけど、そんなお産後にすぐ赤ちゃんを抱っことかできるんですか?

助産師ミラ
助産師ミラ

そうなのね。赤ちゃんやママの状態が良ければ、お産後すぐに抱っこすることも可能よ。それをカンガルーケアっていうの。ただこれは、産む場所によって推進しているところもあれば、してないところもあるから、産む前に確認しといたらいいかもね。

妊婦R子
妊婦R子

そうなんですね。カンガルーケアって、やった方がいいんですか?

助産師ミラ
助産師ミラ

ケースバイケースによるけど、カンガルーケアをやる効用はあるよ。では、カンガルーケアについて、詳しくみていきましょう。

カンガルーケアの生い立ち

カンガルーケアとは

母親と赤ちゃんが直接肌と肌の触れ合いをおこなうことで、親子の絆を深めるケアのことです。

カンガルーケアは、1970年代に南米コロンビアの首都であるボゴタの病院で、スタッフや保育器の不足から起こる感染症の対策として取り入れられたのが始まりです。

その後、カンガルーケアは赤ちゃんの死亡率を下げることが明らかになり、世界に広がります。1990年代には世界保健機関(WHO)により、正常出産のガイドラインとして推奨されるようになりました。

日本では、赤ちゃんの命を助ける目的ではなく、NICU(新生児集中治療室)にいる赤ちゃんとの母子関係を改善することを目的に、カンガルーケアが取り入れられるようになりました。

現在では、集中治療を行っている赤ちゃんだけでなく、正期産である妊娠37週以上で生まれた赤ちゃんのケアとしても取り入れられています。

注意点

カンガルーケアはNICUにいる低出生体重児へのスキンシップを指すのもので、正期産で生まれた赤ちゃんへのスキンシップは、正しくは「早期母子接触」といいます。しかし、記事内ではその認知の広さから、すべてカンガルーケアで統一しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました