【妊娠初期】産む場所の選び方

出産
妊婦R子
妊婦R子

出産をどこでしようか、悩んでいます。どこで産むのも一緒なのでしょうか?

助産師ミラ
助産師ミラ

どこで産むか、悩んでいるのね。実は産む場所は色々あって、それぞれメリットやデメリットも全然違うのよ。

妊婦R子
妊婦R子

えっ!そうなんですね。どこで産むのも、大して変わらないのかと思っていました。何がどう違うのかとか、選び方とかを詳しく知りたいです。

助産師ミラ
助産師ミラ

そうよね。では産む場所の選び方について、詳しくみていきましょう。

出産場所の特徴

病院(総合病院・個人の産院)

現在、最も多くの妊婦が出産場所として選んでいるのが、病院です。総合病院・個人病院などで対応や処置に差はありますが、医療設備が整っているので、持病のある人や出産時のトラブル対応などに関しては、最も安全な施設といえるでしょう。

総合病院

《メリット》

  • 分娩時のトラブルに迅速に対応できる
  • 合併症や分娩時のリスクが伴う出産で、産科以外の医師によるケアが必要になった場合、提携している総合病院の方がスムーズ
  • NICU(新生児集中治療室)があるなど、最新の設備が整っているケースが多い

《デメリット》

  • 検診での待ち時間が長い
  • 先生が毎回違ったりする
  • 個人の産院に比べ、食事はチープになりがち
  • トイレやシャワーなどの施設や、他科の患者と共同だったりする

★院内助産所・・・助産師が健康診査や保健指導を行い、できる限りバースプランに沿った自然分娩を目指したスタイルで助産師が継続的にお手伝いします。院内助産所は全国限られた総合病院にあり、ローリスクで医師の許可が出た方が対象です。

個人の産院

《メリット》

  • 食事が豪華だったり美味しいところが多い
  • その産院特有の様々なサービスが充実している
  • 口コミ情報が出回りやすく、評判を見比べて選べる

《デメリット》

  • 分娩時に緊急事態が起こった場合、対応できず搬送になる場合がある

助産院

《メリット》

  • 家庭的で温かな雰囲気の中、リラックスして出産に臨める
  • 布団や畳の上などで、立つ、しゃがむ、寝転ぶなど、自由な姿勢での分娩が可能
  • 自然に備わった力のみで出産するため、「自分の力で産んだ」という実感を得られやすい
  • 陣痛のコントロールから分娩まですべてを担当してくれるのが女性の助産師で、マンツーマンでみてもらえる

《デメリット》

  • お産のリスクがない人限定
  • 検診で4Dなどのエコー写真がもらえない
  • 妊娠中やお産の経過中でトラブルがあれば、転院や搬送の可能性がある。
  • すぐ近くに医師が付いているわけではないので、不安がある人や、身体づくりに前向きでない人は向かない

自宅出産

《メリット》

  • 陣痛がきても妊婦が移動する必要がない
  • 普段慣れ親しんだ部屋で出産することが可能(リラックスしやすい状態で出産を待つことができる)
  • 家族に見守られて出産に臨める
  • 助産院のメリット同様(上記、助産院のメリット参照)

《デメリット》

  • 助産院で出産するのと同じく、アクシデント時のリスクはある。(上記、助産院のデメリット参照)
妊婦R子
妊婦R子

こんなに色々、産む場所があるんですね。でもこんなにたくさんあったら、何を基準に選べばよいのかわからなくなりそう、、。

助産師ミラ
助産師ミラ

そうね。何に優先順位をもって選ぶかが大事になるわね。

では、何を基準に選べばいいのか、そのポイントについて次は話していくね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました