妊娠中、情緒不安定になりやすい!?〜その理由と対処法〜

妊娠中のトラブル
妊婦R子
妊婦R子

元々ポジティブな性格なんですが、妊娠してからやけにイライラしたり、不安になったり、気持ちが不安定になりがちです。

助産師ミラ
助産師ミラ

そうなのね。私も妊娠中は、意味もなく、イライラしたり、泣きたくなったり、情緒が不安定なときがあったわ。

妊婦R子
妊婦R子

そうなんですね。やっぱり、これって妊娠と関係しているんですか?赤ちゃんにも悪影響がないのか、心配です。

助産師ミラ
助産師ミラ

妊娠すると、情緒不安定になったり、突然体調が悪くなったり、本人も戸惑うような変化がたくさん起こるの。詳しく、お話していくわね。

妊娠期の心身の変化

妊娠期の変化

常に眠い

プロゲステロンというホルモンが増え、このプロゲステロンの影響で眠気が増すことがあります。

食欲がないor 食欲がありすぎる

食欲がなくなったり、逆に食欲が増しすぎることもあります。食べたいものや苦手なものなど、食べものの好みが変化する人もいます。

においに敏感になった

においのきついものが食べられなくなったり、特定のにおいで気分が悪くなったりします。ちょっとしたにおいに過敏に反応するようになることがあります。

めまい・ふらつき

貧血や自律神経の乱れ、低血圧などでめまいや立ちくらみが起こることがあります。長く続くようなら診察をすすめます。

熱っぽい

女性の体温は月経の周期によって低温期と高温期の2つに分かれます。特に妊娠初期はこの高温期が続くため、「熱っぽい」「風邪かな」と感じることがあります。

お腹が張る

妊娠によって、子宮が大きくなり、子宮を支えるじん帯が引っ張られることによって、お腹が張ったり、チクチクした痛みを感じることがあります。

便秘

妊娠すると、ホルモンの影響で便秘になることもあります。便やガスが腸にたまることで、腹痛を感じることもあります。

上記の変化に伴い、ホルモンバランスも急激に変化するので、精神的に不安定な状態になりがちです。感情のコントロールがしにくくなり、イライラしたり、気分が落ち込みやすくなる人もいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました