おすすめのデータ保存法

育児
育児中のママK子
育児中のママK子

子どもの日々の成長を写真や動画に収めたくて撮り続けていたら、あっという間に容量がいっぱいになっちゃって、もうすぐでマックスまでいきそうです。

助産師ミラ
助産師ミラ

そうよね。私も子どもの写真や動画を撮りすぎて、容量オーバーで携帯の動きが重くなっちゃたことあるよ。

育児中のママK子
育児中のママK子

そうなんですね。写真や動画はどれも消すに消せなくて、どうしたらいいのか困っています。機械音痴なんで、器用なこともできないし。ミラさんは、データは何に保存されていますか?

助産師ミラ
助産師ミラ

どれも後から見返したくなるような思いでばかりだものね。私も色々保存方法を調べてみて、結局簡単にできるものを選んだわ。ピックアップして紹介するね。

【一般的】写真・動画データの保存方法

HDD(ハードディスク)

容量が大きく、大量のデータを保存しておく場合に便利な方法。ただしHDDは構造上衝撃に弱く、長期間の保存を考えると心配があります。

SSD

SSDは構造上から耐衝撃性に優れていますが、壊れたときにはデータ復旧の難易度が高いといわれています。HDDと違い、書き込み回数に制限があり、容量の単価も高いです。

SDカード

コンパクトで場所もとらないSDカードは、デジタルカメラやスマートフォンの記録メディアとして使用されています。書き込み禁止に設定することが可能なため、誤ってデータを消去したり書き換えたりするリスクを減らすことも可能です。一方で、コンパクトであるがゆえに紛失してしまうリスクもあるため、取り扱いには注意が必要です。また、製品寿命を考えると、長期で保存したいときには不安があります。

CD・DVD・BD(ブルーレイディスク)

CD-RやDVD-R、BD-Rは一度書き込むと、消去したり改変したりすることができないため、書き変わると困るデータを保存しておくには向いています。また、価格が安いので、家族や友人にデータをあげるときには手軽に使えます。ただし、ふだんお店で買うような家庭用のものだと、長期で保存したいときには不安があります。

USBメモリ

SDカード並みのコンパクトさで、持ち運びも簡単。ただし、やはりUSBメモリにも寿命がありますので、長期での保存には不安があります。

クラウドストレージサービス

ここ数年の間に台頭してきているクラウドストレージサービスは、インターネット上にある保存領域にデータを格納できるサービスです。そのため、上記の方法のように、記録メディアを自分で管理する必要がないので、ストレージ事体を破損したり紛失したりといったリスクはありません。一方で、オンラインならではのリスクはありますし、長期的に保存するという視点では、サービス終了のリスクについては念頭におきたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました