赤ちゃんの噛み癖の対処法

赤ちゃん
育児中のママK子
育児中のママK子

うちの子、不意打ちに私の腕や足に噛みついてくるのですが、歯も生えてきたから痛くて困っています。

助産師ミラ
助産師ミラ

そうなのね。うちの子もそんな時期があって、私もその時は身体中青アザだらけだったわ(笑)

育児中のママK子
育児中のママK子

ミラさんも、そんな時期があったんですね!噛まれたときって、どうしたらいいんでしょうか?

助産師ミラ
助産師ミラ

相手は赤ちゃんだし、どう対処したらいいのかわからなくなるよね。

では、赤ちゃんの噛み癖に対してどうしたらいいのかをお話していくね。

赤ちゃんが人やモノを噛む理由とは?

歯が生え始めて、歯茎が痒い

歯の生え始めは歯茎がむずむずしてかゆく感じるため、かゆみを和らげようとして色々なものを噛んでしまうことがよくあります。

タオルや服、スタイをはじめ、自分の指を甘噛みするなど、生後5~8ヶ月頃の歯の生え始めによく見られます。この時期は、よだれも増えてくるので、噛んでも傷つくことは少ないでしょう。

意思を伝えようとしている

赤ちゃんは自分の気持ちを言葉でうまく伝えられないため、熱い・寒い、お腹が空いたなど、不満があると噛みついてしまうことがあります。

たとえば、母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合、ママのおっぱいの味がいつもと違っていたり、一時的に出が悪かったり、お腹がいっぱいで「もういらない」という合図だったりという理由から、ママの乳首を噛んでしまうことがあります。

また、ママのおっぱいやお気に入りのおもちゃなど、自分にとって大切なものに執着する気持ちから、噛んでしまうこともあります。

モノを硬さや感触を確かめている

特に離乳食が始まる頃は、噛む感触を確かめたり、味わったりするために噛むことがあります。タオルやガーゼ、おもちゃ、離乳食を食べるときのスプーンを噛んでいるときは、このケースかもしれません。

ママやパパの反応をみて、楽しんでいる

ママやパパの指や肩を噛むようなら、とっさの反応を楽しんでいるのかもしれません。「もっと構って」「寂しいよ」という思いから、大人の気を引くために噛みついてしまうこともあります。

お友達を噛むことも同じで、コミュニケーションの一つとして遊んでいることが多いようです。しかし、保育園などで「使いたいおもちゃを渡してもらえない」「他の子に先生を取られた」という気持ちから噛んでしまうこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました