これって出産、間近?〜出産が始まる前に起こる兆候〜

出産
{"subsource":"done_button","uid":"5EF0AB78-C0E1-4FB3-B4F8-350B6EA8F590_1602920569253","source":"other","origin":"unknown","sources":["313443868055211","284144677001211","293626579024211"],"source_sid":"5EF0AB78-C0E1-4FB3-B4F8-350B6EA8F590_1602920569278"}
妊婦R子
妊婦R子

お産が始まる数日前とかに、そろそろお産が近いという兆候とかってあったりするんですか?

助産師ミラ
助産師ミラ

そうね。個人差があるけど、お産がそろそろかなぁ〜という一般的な兆候はいくつかあったりするよ。

妊婦R子
妊婦R子

そうなんですね!今回出産が初めてでわからないことだらけで‥具体的にお産が近くなったらどういう兆候があるのか知りたいです。

助産師ミラ
助産師ミラ

初めてのことだと、色々不安も出てきたりするよね。では、お産がそろそろ近くなったときの兆候を一般的な具体例をあげて説明していくわね。

出産がもうすぐ!?な兆候★11項目

臨月に入り、出産間近‥。大きくなったお腹が下に降りてきた、胎動が少なくなった、食欲が増した…。これらはすべて、出産へ向けてお母さんの体が準備に入っている証拠かもしれません。

臨月とは

妊娠36週0日から39週6日をさします。いよいよ出産間近となり、妊婦健診も週に1回となります。

※昔から「うみづき」と呼ばれますが、産科が出産に最も適した期間とする「正産期」は、妊娠37週0日から41週6日のため、前後1〜2週間の差が生じます。

①お腹が頻繁に張るようになる

臨月に入ると、お腹が張る回数が増えてきます。『お腹が張る』とは、子宮が収縮して下腹部が石のように固くなること。出産の準備段階で起こる現象です。お腹が張る回数が増えると身体は辛いのですが、本格的な陣痛が始まる前ぶれと前向きに捉えるようにしましょう。お腹の張りを感じた時は、横になったり座ったりと、リラックスするようにしましょう。

②急に食欲が出る

臨月になると、急に食欲が出る場合があります。赤ちゃんの頭が骨盤内に下がってくると、それまで赤ちゃんにより圧迫されていた胃などの消化器官が解放され、食べられるようになるからと考えられています。

③腰痛が増す

出産が近くなると、腰痛が出たりひどくなる場合があります。これは、赤ちゃんが生まれてきやすいように、骨盤周囲の関節や靭帯が緩み、それに伴って腰の筋肉の負担が増大するためです。また、お腹が前にせり出すため、腰をそらしてバランスをとるようになりますが、この姿勢も負担をかけてしまいます。

④股関節(恥骨の周り)が痛い

股関節(恥骨周辺)の痛みも、妊娠に伴う関節や靭帯のゆるみによって起こると考えられています。出産が近づくにつれて、痛みは増す傾向にあるようです。痛いときは我慢しすぎず、負担をかけない姿勢で、安静に過ごすようにしましょう。

⑤胎動を感じづらくなる

臨月になると、胎動の変化を感じる人もいますが、それは赤ちゃんが産まれてくる準備段階に入った可能性があります。赤ちゃんの頭が骨盤の方に下りてきておさまると、それまでよりは自由に動けなくなるのです。骨盤に赤ちゃんの頭が入ったら、陣痛が起きるのももうすぐです。
ただし、臨月だからといって、胎動がなくなることはありません。1時間以上胎動を感じない、いつもより胎動が少ないなど場合は、赤ちゃんに異変が起きていることも考えられますので、かかりつけの産科に連絡して指示を仰ぎましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました