My助産師制度とは

助産師

My助産師制度とは?

リスクの程度や出産場所に関わらず、妊娠初期から出産、産後にわたって妊産婦さんに伴走し、妊産婦さんのニーズに合わせて継続的なケアを提供する助産師が『My助産師』です。

妊婦さんが、地域のMy助産師リストから助産師を選びます。

ニュージーランドなどの国ではすでに取り入れられている法制度です。妊娠がわかると女性は病院よりも先に自分専属の助産師『My助産師』を決め、専属助産師は妊娠から分娩、育児まで常に寄り添い”伴走者”として妊婦をサポートします。妊婦の健診、お産、産前産後の家庭訪問も行います。産む場所は、病院でも、助産院でも、自宅でも、妊婦が選んだ場所に助産師がついていくというスタイルだそうです。

現在日本でも兵庫県丹波篠山市が全国に先駆けて1人の助産師が継続して妊産婦に寄り添い続ける『My助産師制度』について今年の8月から『My助産師ケアセンター』(仮称)を立ち上げ、市内全ての妊産婦を対象にする方針を固めています。

現代の子育ての社会問題

現代日本は少子高齢化が進み、子育ての孤立化や虐待などが問題視されています。まだ子育て支援も十分とはいえず、安心して子育てしやすいとはいえないのが本音です。父親の育休取得率の低さ、待機児童、母親の社会復帰の難しさ、学校による教育格差なども問題もあります。電車では赤ちゃんが泣き叫ぶと睨まれたり、子育てに奮闘する母親に対し厳しい目が向けられがちなのも、悲しい現状です。父親が多忙で母親が一人で育児をしなければならないことを『ワンオペ育児』とも最近呼ばれたりしますが、サポート体制が整っていなかったり、相談する窓口がないことで、母親が育児ノイローゼになったりするケースもあります。

助産師たちも感じていた妊産婦への継続フォローの必要性

私が産婦人科の現場で、助産師のスタッフたちともよく話していたこと。

今のお産のシステムとしては、妊娠してからお産し退院するまでは産院及びそこで働くスタッフが担しますが、退院し1か月健診が終わればもう異常がない限りその産院に行く機会はありません。些細な疑問も不安に感じ、相談する場所もないという状況で、それが産後うつ病や育児ノイローゼ、虐待に繋がってしまうケースもあるように感じています。

ニュース報道では、その出来事しか述べられませんが、もっと社会全体が深堀して考え、子育てしやすい環境に整えていく必要があると感じます。

私自身も退院後は実家ではなく自宅だったので、ちゃんと育児できるか不安でした。産後で自分の体調さえ万全ではない状態なので、さらに不安でした。入院中はいつでも相談できて何かあっても助けてもらえる環境だったので尚更でした。たまたま私は助産師としての知識や経験があったのでなんとか自宅で育児は(たまに義母のフォローを受けながら)できましたが、実際のお母さん達はもっと不安で仕方ないだろうなということを感じました。

My助産師制度で期待されること

  • お母さんのメンタルヘルスの改善
  • 虐待や自死、犯罪の減少
  • 少子化の改善
  • 出産の安全性の向上
  • 医療費の削減

My助産師制度の実現を目指して

まずは、多くの方々にMy助産師制度を知ってもらい、実現に向けての話し合いが促進できればと思います。現在My助産師制度が制度化されているニュージーランドも最初は今の日本のような状況で、色んな方に知ってもらい声を上げる中で今の制度化に至ったのです。日本でも、丹波篠山市による取り組みを先頭に、各地でもMy助産師制度を拡大していければと思います。

赤ちゃんやお母さんをしっかり継続してサポートできる社会を

コメント

タイトルとURLをコピーしました